漏らす人々



 張魯(ちょうろ)がちびった。
 ちょろ。
 張良(ちょうりょう)も漏らした。
 ちょろ~。
 イチローは、予感してからちびった。
「いっ」
 ちろ~。
 ジョー・ディマジオは漏らす前に宣告した。
「ジョー、出ますよ」
 荒木田守武(あらきだもりたけ)が気付いて騒いだ。
「あら、キャー! やだ! 漏れたけ?」
 森野米三(もりのよねぞう)はしらばくれた。
漏れねーぞう」
 守田有秋(もりたゆうしゅう)がささやいた。
漏れた、言うじょー」
 森徹山(もりてつざん)は気付いた。
漏れてんじゃん!」
 森下雨村(もりしたうそん)は疑った。
「漏らした? ウッソ~ん!」
 守田勘弥(もりたかんや)はしかりつけた。
漏れたぁいかんや!」

 その頃、森鴎外(もりおうがい)は悩んでいた。
漏れよーかい」
 森嶋通夫(もりしまみちお)は誘った。
「漏らしまちょー」
 森尚謙(もりしょうけん)はなまって誘った。
「漏らししようけん」
 森正蔵(もりしょうぞう)は古風に誘った。
「漏らししようぞ」
 押川春浪(おしかわしゅんろう)も勧めた。
「オシッコはしろー」
 森喜朗元首相(もりよしろうもとしゅしょう)はせかした。
「漏れよ!しろー!もっと粗相~」
 大村益次郎(おおむらますじろう)は高らかに宣言した。
「おー漏らしますじょー」
 大村純前(おおむらすみさき)が割り込んで宣言した。
「おー、漏らす、真っ先」
 森春涛(もりしゅんとう)はみんなに触れた。
「漏らすとーお」
 モレルは限界だった。
「漏れる~!」
 モリスもたまらなかった。
「漏れるっす!」
 中村貞以(なかむらていい)は願望になった。
「なんか、漏れてー!」
 山村聰(やまむらそう)はもうダメだった。
「やば! 漏れそー!」
 喜多村弥兵衛(きたむらやへえ)は何度も波が押し寄せてきた。
「きた!漏れや!ひょえー!」
 森宗意軒(もりそういけん)はおもしろがった。
「漏れそーけ?」
 中村宗十郎(そうじゅうろう)は興味津々だった。
「なんか、漏れそうじゃろう?」
 森光子(もりみつこ)は近寄ってきた。
「漏れ、見っこ!」
 森三千代(もりみちよ)は楽しそうに言った。
「漏れ、見ちゃうよ!」
 長宗我部盛親(ちょうそかべもりちか)はもっと楽しそうに言った。
「超爽快!便、漏れちゃうか!」
 森銑三(もりせんぞう)は必死で我慢した。
「漏れせんぞー!」
 モルワイデは応援した。
「漏れないでー!」
 でも、森田太郎兵衛(もりたたろべえ)は我慢し続ける自信がなくなっていた。
「漏れたぁろべぇ」

 とうとう盛田昭夫(もりたあきお)が決壊し、奇声を上げた。
「漏れたぁ!キョー!」
 ジュピターはやっちまった。
「チビったー!」
 シュビッタースもやっちまった。
「チビったっす!」
 中村汀女は(ていじょ)確認してみた。
「なんか漏れたじょ」
 山田盛太郎もやっちまったが、前にいた人のせいにした。
「じゃまだ!漏れたろ~」
 中村雅俊(まさとし)はカミングアウトした。
「なんか漏れましたし」
 シュミーデルはパンツを心配した。
「染み出る~!」
 イアン・マッケランはパンツの内側を見てみた。
「いやん、真っ黄ぃやん」
 森戸辰男(もりとたつお)は、知らないうちに多量に漏らしていた。
「漏れとった。チョーォ」
 杉村太蔵(すぎむらたいぞう)もビチョビチョだった。
「スゲーもれたぞー」
 荒木村重(あらきむらしげ)は漏らした人々を見て驚いた。
「あら! 君ら、スゲー!」
 盛遠(もりとお)もびっくりした。
「漏れとう!」
 森野藤助(もりのとうすけ)もびっくりした。
「漏れとう! スゲー!」
 シュピッテラーは、指差して笑いものにした。
「チビッてらー!」
 森田久右衛門(もりたきゅうえもん)は騒ぎ立てた。
「漏れたぁ! キャー! いやん! もーぅん!」
 大村純忠(おおむらすみただ)は人に語った。
「おー、漏らす、見ただ」
 まだ漏らしていない人のために、森英恵(もりはなえ)が祈ってあげた。
「漏れなはれ~!」
 でも、ティルソデモリーナはそれでも漏らさなかった。
「出るそーで漏れんなー」

               (ドコナンジャー03.07/19)
               (ダレナンジャー04.09/05~17.04/04)






スポンサーサイト